読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にんとの雑多なブログ

沖縄の音楽人がエッセイや音楽記事を中心に雑多に書いてるブログです。

逃げる月。

f:id:ninto_nakahara:20170228185059j:image

 

今日は大阪は晴れ。だけどまだまだ風は冷たい。気付けば2月も今日で終わり。28日までしかないから早いのは当たり前かもだけど歳を取る度恐ろしいほど時間の経過の速さを痛感する。そう言えば1月2月3月は「行く月、逃げる月、去る月と言って経過が早い季節なのだよ」と小学3年の頃担任の先生が言っていたのをこの時期になると必ず思い出す。30年間忘れてないよ先生。

思い出したついでに小学3年の頃の先生の話でもう一つ覚えている事がある。ホームルームの時間か何かで「あなた達がもう少し大人になったら死ぬ事が怖いと感じて不安で泣いたりする時が来るかもしれないけどそれは誰にでもある事だから云々」と仰っていたけど、それを聞きながら「あー、それもう体験済みだ俺」とちょっと斜に構えた子供だった。

丁度小学3年のある夜、中々眠れなくて起きていたら祖父母に早く寝なさいと叱られた。渋々布団の中に入り「何故大人は夜は眠くないのに早く寝なさいと言うし、朝は眠たいのに起きなさいって言うんだろう」と愚痴っている内に色々考えが巡って「何故人は眠らないといけないんだろう」とか考え始め、それはやがて「何故自分は存在してるんだろう」まで発展した。「それは親が産んだからだな。じゃあ親は?祖父母がいるからか。じゃあその前は?」とルーツを辿っていくと「神様が人間を作ったんだな」って結論に至るが、次の瞬間「じゃあ神様は誰が作ったのかな?その前には何があったの?」と堂々巡り。結局自分の存在の始まりに答えが見つからず、同時に自分の存在があまりにも不確か過ぎて恐ろしくなった。そして更にその思考は続き、「始まりがあると終わりもあるなら死んだら何処へ行くの?分からないところから来てまた分からないところへ行ってしまうの?」と自分のキャパオーバーで混乱し、終いには布団の中で一人で泣いてしまった。

暫くすると泣き疲れてそのまま眠ってしまったのだけど、多分それが「死」について考えた最初の体験だった。でも子供だから学校へ行って友達と遊んだりテレビや漫画を読んだりしてる内にその夜の事を段々忘れてあまり考えなくなったけど、時々思い出してはまた怖くなって泣いたりしてた。

一人っ子だったから学校以外で同じ年頃の人間が周りにいなかったし、基本家では一人でいたから無駄に考える事が多い子供だったんだろう。あと物心つく前に両親も離婚して祖父母とまだ結婚前の叔母と暮らしていたので、親戚の子や学校の友達と自分の環境の違いというのも大きかったはず。「周りと自分は違う」というのが当たり前だったから「どうして?どうして?」と考える事は多かったと思う。

 

2月も今日で終わりって一言からここまで話が発展してしまった。またいずれこの話題は書こうと思う。今日はここまで。

 

 

 

 

やっぱり猫が好き

ここ3年前から定期的にYouTubeやっぱり猫が好きを観ている。今から約30年近く前に放送されていたコメディドラマで、元々は深夜帯に放送されていたものが最終的には土曜のゴールデンタイム(7時半)に放送されていたぐらいなので人気番組だったのだろう。

 

f:id:ninto_nakahara:20170228015519j:image

 

「だろう」と書いたのはちょうど土曜のゴールデンタイムに放送していた頃は小学6年〜中学1年だったのでその面白さに気付くはずもなく(子供向けでは全然ないしね)、確か7時からはドラゴンクエストなどのアニメ、8時からのウッチャンナンチャンやるならやらねばの丁度真ん中の時間帯だったから、流れるようにそのままアニメからウッチャンナンチャンのバラエティを観たいのにおばさん3人がただ喋ってるだけの変な番組で邪魔だなぁとしか思っていなかったのだった。

 

四半世紀を過ぎてYouTubeでたまたま見つけ、懐かしさにつられ観始めたらすっかり虜になってしまった(だって放送当時小学生だった子供が三姉妹の長女かや乃と同じ歳になってしまったのだからなぁ…)。

それからもう何度も同じエピソードを観たり(一番のエピソードは「深夜の焼肉」)、観始めた3年前と比べるとエピソードもどっと増えたのでほぼコンプリートして観ているはずだ。

 



どの程度まで台本が書かれているのか分からないぐらいアドリブ要素が強く、第2話(実質的な第1話)では三女のきみえが次女のレイ子に対し「女優の卵」発言、それを受けてレイ子が「あ、私女優って設定ね、オッケー」とうろたえながら返すシーンなどその場の思いつきやノリで進行していく事が少なくない(それによってその後の設定などが決まっていったりする)。

基本1話完結、時間も約25分程度なのでご飯を食べならがらとかダラダラと流し観するには丁度良く、あと80年代末〜90年代初頭の時事的な話題に懐かしさを覚えたり、「あぁ、携帯とかネットがない時代ってこうだったっけ」と当時の生活の雰囲気も楽しめたりする。

この番組は3クールに分かれていてそれぞれ浦安、幕張、渋谷という設定になっており、それに伴い舞台となる部屋のセットだけが変わる。話の内容や人物設定などには変化はないけど個人的には2階がなかった浦安時代が好き。雰囲気もゴールデンタイム放送の渋谷時代と比べると深夜帯番組独特のアングラな匂いなんかもして。

 

あとやっぱり猫が好きと言えばこの曲。矢野顕子によるオープニングソング。

人生で最初に矢野顕子という人を認識したのはYMOでも春咲小紅でもなくこの歌だった。

 

 

でも必ず「David 私たちはこんなに遠ぉい〜♪」のところまでしか流れないので大人になるまで次の展開部とか全然知らなかった。この曲を聴くと「あぁ、土曜の夜だなぁ」って感じたものだった。

 

また猫の事は書こうと思う。

 

今日の1曲は矢野顕子のDavidで。

 

 

肌寒い晴れの日

f:id:ninto_nakahara:20170227164713j:image

 

今日は天気が良いけど風が冷たい。早く暖かくならないかなと願うが今年の夏は例年以上に猛暑らしいのでそれを思うと今から気は重い。極端過ぎるこの気候なんとかならないかな。「暑いのと寒いのどっちがマシか」なんて人との会話でよく上がるものだけど、地元にいた時は「寒いのは動かず着込んでればいいけど暑いのは脱いだって暑いから」と圧倒的に寒さを取っていたものだ(太ってで暑がりだからというのもデカいけど)。

しかし大阪に住んで毎年冬は乾燥で顔や唇は痛くなるし手は赤切れでボロボロになるわ、静電気体質になるわ、大袈裟に言えば心臓が止まりそうなくらいの寒さに人知れず「死」を連想してしまう(風呂上がりなんか特に)わで地元とは全く違う寒さの中では簡単に寒い方がマシとは言えなくなった。逆に夏は夏で地元より温度も高く夏場はクーラーがないと眠れないどころかまともな精神状態も保たないくらい暑いので本当に極端過ぎて辛い(それで真夏の電気代が半端なくなるのも辛いというか怖いところ…)。年中ここまでの温度差がない涼しいところへでも移住したいと独り言で愚痴るのが癖になったり。

まだ救いなのはインフルエンザには一度もかかった事がない事かな。毎年冬には必ず一度は風邪を引くんだけどそれでもまだ一度もないからね。でも一度風邪を引いたらそのシーズンはもう風邪引かないってジンクスがあるから一度引いたら逆に安心したり。でも風邪でもそれはそれで辛いけどね…。

 

さてブログも2回目。日々色んな事を考えてる中で「これをちゃんと文章にしたら面白いかも」なんてネタは結構あるんだけど(それを衝動的に小出しでツイッターには書いていたけど)、いざ改めて書こうと思うと何から手をつけようか悩んで文字を打つ手(若しくは指)が中々動かず。でも気負うと余計書けなくなるのはもう痛い程痛感してきたので取り敢えず気長に進めていこうと思います。ただ最低でも1000文字以上は書くってのは自分ルールとして決めてて。1000文字ってのには切れが良いかなってだけで特に意味はないんだけども。あと何かしら画像か動画を貼る事と最後にその日の気分で聴いてる音楽を貼り付けるって事ぐらいかな。そうしながら書く事を癖付けたら放っておいてもドバッと書くようになるでしょう。基本毎日何かしら考えてるからね、全くネタがないって事はないと思うし。

 

ともかく本当に早く暖かくなって欲しい。 

 

               今日の1曲⬇ 


Massive Attack - Teardrop with Liz Fraser

 

はじめに。

f:id:ninto_nakahara:20170226033651j:image

去年末からブログを書こうと思って何度も書いては消し、消しては書いてを何度繰り返したか覚えてないほど時間を費やしてしまったけど、これが最後の仕切り直し(と切に願う)、今日からちゃんと書こうと思います。

書いては消しまくった記事(という程のものでもないけど)の中で小説風に書いてみたりとか逆にブロガー風に書いてみたりとか色んな書き方を試してみたけど、ブログを続けるにはあまり気負いせずゆるい気持ちで臨んだ方が良いと分かったので(ブログに限らず何事においてもそうですな)、その通りにゆるく色々書いていこうと思ってます。

 

先ずは軽く自己紹介。

沖縄出身で大阪在住のアラフォー男です。一人でスタジオ入ってドラムを叩いたり自宅でPCで曲を作ったりと細々と音楽活動をしています。特に大きな目的もなくスタジオでのドラムは3年ほど前から、音源制作はかれこれ6年前からやっているんですが、ある程度はちゃんと目標を決めたりしながらやってみようと思い立ち、その活動の記録とあとは気になる音楽やら時事ネタやらを織り交ぜて文章に残してみようと思いこのブログを始めるに至った訳です。日記半分、エッセイっぽいの半分みたいになると思います。多分。

 

 

ではまた。

 

                (今日の1曲)⬇