にとむすの雑多なブログ

エッセイや音楽記事を中心に雑多に書いてるブログです。

逃げる月。

f:id:ninto_nakahara:20170228185059j:image

 

今日は大阪は晴れ。だけどまだまだ風は冷たい。気付けば2月も今日で終わり。28日までしかないから早いのは当たり前かもだけど歳を取る度恐ろしいほど時間の経過の速さを痛感する。そう言えば1月2月3月は「行く月、逃げる月、去る月と言って経過が早い季節なのだよ」と小学3年の頃担任の先生が言っていたのをこの時期になると必ず思い出す。30年間忘れてないよ先生。

思い出したついでに小学3年の頃の先生の話でもう一つ覚えている事がある。ホームルームの時間か何かで「あなた達がもう少し大人になったら死ぬ事が怖いと感じて不安で泣いたりする時が来るかもしれないけどそれは誰にでもある事だから云々」と仰っていたけど、それを聞きながら「あー、それもう体験済みだ俺」とちょっと斜に構えた子供だった。

丁度小学3年のある夜、中々眠れなくて起きていたら祖父母に早く寝なさいと叱られた。渋々布団の中に入り「何故大人は夜は眠くないのに早く寝なさいと言うし、朝は眠たいのに起きなさいって言うんだろう」と愚痴っている内に色々考えが巡って「何故人は眠らないといけないんだろう」とか考え始め、それはやがて「何故自分は存在してるんだろう」まで発展した。「それは親が産んだからだな。じゃあ親は?祖父母がいるからか。じゃあその前は?」とルーツを辿っていくと「神様が人間を作ったんだな」って結論に至るが、次の瞬間「じゃあ神様は誰が作ったのかな?その前には何があったの?」と堂々巡り。結局自分の存在の始まりに答えが見つからず、同時に自分の存在があまりにも不確か過ぎて恐ろしくなった。そして更にその思考は続き、「始まりがあると終わりもあるなら死んだら何処へ行くの?分からないところから来てまた分からないところへ行ってしまうの?」と自分のキャパオーバーで混乱し、終いには布団の中で一人で泣いてしまった。

暫くすると泣き疲れてそのまま眠ってしまったのだけど、多分それが「死」について考えた最初の体験だった。でも子供だから学校へ行って友達と遊んだりテレビや漫画を読んだりしてる内にその夜の事を段々忘れてあまり考えなくなったけど、時々思い出してはまた怖くなって泣いたりしてた。

一人っ子だったから学校以外で同じ年頃の人間が周りにいなかったし、基本家では一人でいたから無駄に考える事が多い子供だったんだろう。あと物心つく前に両親も離婚して祖父母とまだ結婚前の叔母と暮らしていたので、親戚の子や学校の友達と自分の環境の違いというのも大きかったはず。「周りと自分は違う」というのが当たり前だったから「どうして?どうして?」と考える事は多かったと思う。

 

2月も今日で終わりって一言からここまで話が発展してしまった。またいずれこの話題は書こうと思う。今日はここまで。

 

 

 

 

やっぱり猫が好き

ここ3年前から定期的にYouTubeやっぱり猫が好きを観ている。今から約30年近く前に放送されていたコメディドラマで、元々は深夜帯に放送されていたものが最終的には土曜のゴールデンタイム(7時半)に放送されていたぐらいなので人気番組だったのだろう。

 

f:id:ninto_nakahara:20170228015519j:image

 

「だろう」と書いたのはちょうど土曜のゴールデンタイムに放送していた頃は小学6年〜中学1年だったのでその面白さに気付くはずもなく(子供向けでは全然ないしね)、確か7時からはドラゴンクエストなどのアニメ、8時からのウッチャンナンチャンやるならやらねばの丁度真ん中の時間帯だったから、流れるようにそのままアニメからウッチャンナンチャンのバラエティを観たいのにおばさん3人がただ喋ってるだけの変な番組で邪魔だなぁとしか思っていなかったのだった。

 

四半世紀を過ぎてYouTubeでたまたま見つけ、懐かしさにつられ観始めたらすっかり虜になってしまった(だって放送当時小学生だった子供が三姉妹の長女かや乃と同じ歳になってしまったのだからなぁ…)。

それからもう何度も同じエピソードを観たり(一番のエピソードは「深夜の焼肉」)、観始めた3年前と比べるとエピソードもどっと増えたのでほぼコンプリートして観ているはずだ。

 



どの程度まで台本が書かれているのか分からないぐらいアドリブ要素が強く、第2話(実質的な第1話)では三女のきみえが次女のレイ子に対し「女優の卵」発言、それを受けてレイ子が「あ、私女優って設定ね、オッケー」とうろたえながら返すシーンなどその場の思いつきやノリで進行していく事が少なくない(それによってその後の設定などが決まっていったりする)。

基本1話完結、時間も約25分程度なのでご飯を食べならがらとかダラダラと流し観するには丁度良く、あと80年代末〜90年代初頭の時事的な話題に懐かしさを覚えたり、「あぁ、携帯とかネットがない時代ってこうだったっけ」と当時の生活の雰囲気も楽しめたりする。

この番組は3クールに分かれていてそれぞれ浦安、幕張、渋谷という設定になっており、それに伴い舞台となる部屋のセットだけが変わる。話の内容や人物設定などには変化はないけど個人的には2階がなかった浦安時代が好き。雰囲気もゴールデンタイム放送の渋谷時代と比べると深夜帯番組独特のアングラな匂いなんかもして。

 

あとやっぱり猫が好きと言えばこの曲。矢野顕子によるオープニングソング。

人生で最初に矢野顕子という人を認識したのはYMOでも春咲小紅でもなくこの歌だった。

 

 

でも必ず「David 私たちはこんなに遠ぉい〜♪」のところまでしか流れないので大人になるまで次の展開部とか全然知らなかった。この曲を聴くと「あぁ、土曜の夜だなぁ」って感じたものだった。

 

また猫の事は書こうと思う。

 

今日の1曲は矢野顕子のDavidで。

 

 

はじめに。

こんにちは。にとむすと言います。

以前ブログを書いていた事もあったのですが、今回数年振りに書いてみようと思います。ブログと言っても技術や知識系のそれではなく、音楽記事などを中心にエッセイ的なものや沖縄の帰郷記事(名所紹介など)なんかを雑多に書いていく予定です。

音楽記事では時折自分のカバー音源や動画なども挟みつつ流行りものや気になった曲やアーティストについて書いたり、日頃思う事などをエッセイ風に綴っていこうと思います。恐らくこの2つのテーマが柱になるかもです。

 

ではこれからよろしくお願いします。