にんとの雑多なブログ

エッセイや音楽記事を中心に雑多に書いてるブログです。

沖縄帰省記・2017年春 ①〜移動編〜

f:id:ninto_nakahara:20170516025212j:image

 

GWが明けた今週、地元沖縄へ帰省しています。今回は何記事かに分けて帰省ブログを書こうと思います。

毎回LCC、ピーチを使って帰省しているけど今回は往復手数料込みで12800円でした。

 

f:id:ninto_nakahara:20170511114342j:image

いつもはJRで関空へ向かうんだけど今回は用事があったので久々に南海電車で向かう事に。天下茶屋駅で急行に乗り換えて一気に関空へ。ちなみに難波から関空までの運賃は920円、特急なら+510円で1430円です。普通ならだいたい50分程、特急では30分ちょっとなので余程急いでなければ普通でいいと思います。

 

 

 

南海電車から見える風景。こういう流れる景色を眺めながらぼけっとするのは大好きです。

 

 

 

 

f:id:ninto_nakahara:20170511114750j:image

関空到着。

 

f:id:ninto_nakahara:20170511114756j:image

 

LCC専用バスに乗り込み第2ターミナルへ。

 

f:id:ninto_nakahara:20170511114802j:image

 

第2ターミナルはシンプルで綺麗ですね。

 

搭乗手続きを済ませて飛行機へ乗り込みます。

 関空から那覇までは約2時間。LCCは安い代わりに機内は狭くて自分みたいな大柄な男だと結構窮屈ではあります。あと手荷物も2つまで、総重量は10kg以内という規定があります。

 

 

なんやかんやで2時間後。

 

撮影に失敗して画面が横になっています(すいません)。

無事那覇空港に到着。沖縄はやっぱり暑いですね。梅雨前という事で湿気が凄いです。

 

https://www.instagram.com/p/BT58BOeAShD/

空港からモノレール(ゆいレール)に乗って移動。

那覇の中心街である新都心おもろまちまでは約20分ほど。

 

次回は色々な観光地を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

iMac故障

f:id:ninto_nakahara:20170508034605j:image

 この記事とは別の記事を書いてる間に時間が起こった。7年間使っているiMacがとうとうダメになってしまったのだ。去年にも一度不具合が起こって少し経つと直っていたので今回もそんな感じかなとそんなに心配していなかったけど今回のはヤバい。主な症状はとてつもなく重くて何か一つクリックしただけでクルクルアイコンが回るだけであとは完全フリーズ。暫くすると動き出すものの、操作しようとするとまたフリーズ。画面も残像が出まくる。

あんまり機械には強くないのでググりながら色々試してみたけど全然回復しない。特別何かをした覚えはないけど寿命なのかなぁ?一応辛うじて起動はしてるから早急に外付けHDDを買ってデータの移行やバックアップをしないといけない。幸いMacBookも持っているので完全にPCがなくなった訳ではないけどやっぱり母艦がないと不安になる。そのMacBookもアプリなどiMacとほぼ中身は同じにしてはいるけど、流石にiTunesのデータを全部MacBookに入れると辛そうだし。iTunesのmp3のデータって外付けHDDで管理出来なかった気がするから(出来るのかな?)。もっとMacに関して知識を持たないといけないな。

最悪な事を考えて買い換えかなと思ってアップルストアiMacを見てみると…

f:id:ninto_nakahara:20170508040123j:image

21.5インチの最上グレードのRetina 4Kで148800円(税抜き)かぁ…。でもその下のグレードのとは2万くらいしか変わらないから買うなら断然こっちだよなぁ(お金って下から数えると高く感じるけど上から数えると端た金に感じるから不思議だ)。でも直ぐには買えないので暫くはMacBookで凌ぐしかない。でも自分のiMacは2009年型だからiPhoneで言えば3GSの時代。動画の処理も今使っているiPhone7の方が圧倒的に速いし、単純に色々ガタがきているのも確か。

とは言え長年使って愛着もあるし買い換えるにも貯金に時間かかるから、その内に直ってくれないかなぁと淡い期待はしているけれどどうなることやら…。

 

 

hideの命日に思うこと。

f:id:ninto_nakahara:20170502023206j:image

 (自宅にあるMG-140s)

 

今日は5月2日。19年前の今日。

確か夕方5時くらいだっただろうか。ちょうど帰宅してテレビを付けるとニュース番組がやっていた。 何気なくその画面を観ていると不意に速報の音と共に字幕が出て次の瞬間雷に打たれた様な衝撃を受けた。

「元X-JAPANのHIDEさんの自宅で死亡が確認」

暫く訳が分からなかった。呆然としていると友人から着信が入った。「ヒデ死んだってよ」受話器越しの声は荒らげて何度か同じ事を繰り返していた。

中学の終わりから高校までXに夢中だった。ドラムを始めたきっかけもXだったし、その電話の主も同じXのコピーをしていた元バンドメンバーから。

解散する直前のXは活動も停滞していたし、年に1枚出すシングルもバラードばかりでやっと全盛期の頃の激しい曲をシングルで出すも、またバラードが続いてちょっとうんざりしていた。トドメは期待していた5年振りのアルバムもそれまで出していたほぼバラードのシングル集。完全な新曲も3曲でそれもバンドサウンドではなかったので相当肩透かしを喰らい、段々Xから疎遠になっていた(と言いつつ、ライブビデオやライブCDは購入した)。それから数ヶ月後突然解散。疎遠になっていたとは言えそれも結構衝撃的ではあったけど、あの日の衝撃はその比じゃなかった。

 

Xが衰退していくのと反比例してHIDEの活動は活発で、個人的にコーネリアスとの交流には注目していた(その後コーネリアスから"Heavy Metal Thunder"のリミックスを依頼される)。

 
ちなみにもう一つのhideによるリミックスは少年ナイフ
こちらはリミックスというよりはリアレンジに近く正攻法的なミックスだけど
リズムやフレーズをカットアップしたり
原曲の良さをより引き出したかっこいい仕上がりになっている。
 

元々はソロとしてのヒデよりXのギタリストとして好きだったからそんなに熱心にソロは聴いていなかったけど(とは言え作品は一通りチェックしていたよ)、雑誌でコーネリアスと対談した後くらい(95年頃)から作風のみならず外見まで変化していったのでソロにも興味を持ち始めた。実際1stアルバムは買わなかったし曲もそんなに知らなかったけど2枚目からは割と熱心にチェックし出した。特にシングルになった"Misery"とそのバージョン違いでオルタナサウンドの"flame"、zilchに通じるインダストリアルな"bacteria"や激し目なアレンジがカッコ良いハード&ポップな"限界破裂"など、ギタリストには留まらない…というか最早ギタリストとしてのアルバムではない作品になっていた。今聴き返してみると「古き良き90sサウンド」。そしてXにおける所謂形式美的な要素(ドラマティックな展開や長いギターソロなど)を排除して(曲によってはギターソロすらない)、よりシンプルに「歌モノ」中心になっていった時期だったと思う。

事実、「自分をギタリストと思ってないしギターは単なる道具に過ぎない」という発言もしていたし。でもXでのギタリストとしての活動やレコーディングなどでもギターの音に拘っていたというエンジニアの発言もあるように「ギターは道具」発言はポーズではないにしろ、一ギタリスト以上に一アーティストとしての発言だったんだろうなと思う。

そしてソロ活動以上に期待していたのはzilchという海外活動プロジェクトのバンド。96年、マリリンマンソンがブレイクしたのと同時期に完成していたというアルバムは「XのHIDE」という巨大なビジネスリスクから発売するレコード会社が見つからずリリースされる事はなかったけど(死後cutting edgeからリリースされる)、98年初頭に突如Electric CucumberのPVがMTVでオンエアされて、その音やビジュアルにかなりハマった(XのDAHLIA TOUR(95年末〜96年初頭)の中盤の海賊版映像ではこのMVと同じ髪型になっているところからこのビデオはその時期にはもう撮られていたと推測出来る)。

なんと言ってもギターのリフ。このリフ一発で「あぁ、もうホームランですわ」ってぐらいかっこいい。ヴァースではシンプルなドラムとゴリゴリ歪んだベースだけになるのもかっこよく、この曲は何処を切っても良く出来た「歌」だと思っている。前記したマリリンマンソンなどのインダストリアルと同期しつつも、その後の主流になるヘビィロックの要素もあって本当にこの1曲には痺れました。アルバムやライブに嫌という程期待をしていたなぁ。

その後そのハードな部分を歌謡曲的なポップさと中和して日本のマーケットでも勝負すると謳ったピンクスパイダーをリリースし…

その直前に彼は旅立ってしまった。

死の直後ワイドショーなどではXの解散ピンクスパイダーの歌詞だけを持ち出して自殺説だのと報道されたけど、落ち目になったわけでもなく寧ろ更にこれからを期待されていた(だってあのSNOOZERでさえインタビューする予定だったのだから)人が自殺するなんて思えないし、と言うかプライベートな事は知る由はなかったにせよ少なくともそれ以外で自殺を選ぶ理由が見当たらない。でも結局は本当のところは本人にしか分からないけど別の報道でもあった様に首のコリ治療の事故だったのだと思う。

 

彼がピンクスパイダーという武器で日本のマーケットをかき回した後の風景が見たかったと何度も思った。zilchでマリリンマンソンとのアメリカダブルヘッダーツアー(99年にマンソンはNIRVANAのフロントマン、カートコベインの妻であるコートニーラヴのバンドHOLEとダブルヘッダーをしている)や、もしかしたら海外の有名フェスにだって出ていたかもしれないし、彼が生きていたらきっと日本の音楽地図どころか世界の音楽地図だって変わっていたかもしない...そう思えば思う程本当に残念な気分になってしまう。

 

あれから19年が経った。X-JAPANが再結成してからも10年。熱心なファンからはブーイングが聞こえてきそうだけど、個人的にはやっぱり彼のいないXは”eX-JAPAN"(元X-JAPAN)というバンドでしかないと思わざるを得ない(更に言えば本質である"X"というバンドもTaijiが抜けた時点で終わってしまった)。それは精神的な繋がりやメンバーという存在感以上に彼がXに与える音楽的貢献がデカかったからだ。そう思えば彼のソロ活動以上に、元々解散から3年後の2000年に構想していたという「失われた再結成」に期待していた分、今のX-JAPANに興味が持てないのである。別に今のX−JAPANを否定するつもりはないけどもう別のバンドだと捉えているから。

 

後ろ向きな内容になってしまったけれどこれが素直な自分の意見というか気持ちなのです(それぐらい彼は偉大であったという事です)。

 

また来年思い出したら書いてみよう。

 

では最後に。

 

 

 

We Are X

f:id:ninto_nakahara:20170305164545j:image

 

3年以上振りに映画館へ行きました。Xのドキュメンタリー映画。一応は10代の頃好きだったし再結成後もネットでニュースやら動画を観ていたから大体どんな内容かは知っているつもりだけど、これまでXを大きい画面とスピーカーで聴いた事もなかったし(勿論ライブも行った経験無し)、あと久々に映画館へ行くのもいいなと思って。

しかし子供の頃と比べたら映画館って凄いね。ネットで空席調べられたりチケット買えたりするもんね。だから映画館行くまで席があるかとか早く入って良い席を取らなきゃって焦る事もない。その代わり昔みたいに途中入室したから一旦終わって連続で次を観賞とか出来ないのは昔を知ってる分、なんだかなぁって気分になつたり。あと昔は2本立てとか普通にあったのにね。

 



 

話を戻して。内容は2014年のマジソンスクエアガーデンのライブの数日前から過去を振り返るって感じで始まる。幼少時代からのYOSHIKIの半生を中心にXの結成、メジャーデビュー、タイジの脱退、Toshiの洗脳、解散、Hideの死、そして再結成って辿っていくんけど全部が歴史の順番通りに進むわけじゃなくて、メンバーや関係者のインタビューが唐突に挟まれたり膨大な数の過去の映像や写真が次々と出て来ては変わるから、今ちょっと振り返っても映画の順番って正確には思い出せない。あまりドキュメンタリー映画って観たとこがないけどこういうものなのかな。

内容はだいたい知ってるものとは言え、初めて観るレア映像(ノーメイクでリハやってるところなど)や冒頭でX時代の写真を上手く使ってカッコよくしたて直してるところは良いなと思った。個人的にはYOSHIKIとタイジの確執(タイジがYOSHIKIのドラムに対してボロクソ言ったり、YOSHIKIがバーにタイジを呼びつけて直接解雇を告げて殴り合いをした等)のエピソードが印象的だった。昔自分もドラムやっててメンバーに散々言われたからなぁ。あとインタビュアーがタイジの解雇の理由はと問うシーンがあって、「お、遂にYoshikiの口から語られるのか」とちょっと興奮した(その反応はネタバレになるので伏せておきますね)。

あと個人的見解として音楽的にXはタイジが抜けた頃にある意味終わってしまったと思っていて(だから意図的では無かったにしろXJapanと改名したのはXが終わって違うバンドになってしまったという象徴になったと思ってる)、劇中でもそれに近い事が言われていたから興味深かった。

観終わった感想としてドキュメンタリー映画としてより、さっきも書いた冒頭の過去の映像や写真を仕立て直した部分をもっと広げて新しいプロモーション作品として作っても面白かったような気がする。でもそれじゃ映画にはならないか。でもそれを作るなら観てみたい。その方がドキュメンタリーより全然前向きな気もする。

X自体についてまた今度改めて書こうと思う。いやぁ久々に映画館は良かったけど2時間近く座りっぱなしは疲れた。年かな。

 

 

 

やっぱり猫が好き

ここ3年前から定期的にYouTubeやっぱり猫が好きを観ている。今から約30年近く前に放送されていたコメディドラマで、元々は深夜帯に放送されていたものが最終的には土曜のゴールデンタイム(7時半)に放送されていたぐらいなので人気番組だったのだろう。

 

f:id:ninto_nakahara:20170228015519j:image

 

「だろう」と書いたのはちょうど土曜のゴールデンタイムに放送していた頃は小学6年〜中学1年だったのでその面白さに気付くはずもなく(子供向けでは全然ないしね)、確か7時からはドラゴンクエストなどのアニメ、8時からのウッチャンナンチャンやるならやらねばの丁度真ん中の時間帯だったから、流れるようにそのままアニメからウッチャンナンチャンのバラエティを観たいのにおばさん3人がただ喋ってるだけの変な番組で邪魔だなぁとしか思っていなかったのだった。

 

四半世紀を過ぎてYouTubeでたまたま見つけ、懐かしさにつられ観始めたらすっかり虜になってしまった(だって放送当時小学生だった子供が三姉妹の長女かや乃と同じ歳になってしまったのだからなぁ…)。

それからもう何度も同じエピソードを観たり(一番のエピソードは「深夜の焼肉」)、観始めた3年前と比べるとエピソードもどっと増えたのでほぼコンプリートして観ているはずだ。

 



どの程度まで台本が書かれているのか分からないぐらいアドリブ要素が強く、第2話(実質的な第1話)では三女のきみえが次女のレイ子に対し「女優の卵」発言、それを受けてレイ子が「あ、私女優って設定ね、オッケー」とうろたえながら返すシーンなどその場の思いつきやノリで進行していく事が少なくない(それによってその後の設定などが決まっていったりする)。

基本1話完結、時間も約25分程度なのでご飯を食べならがらとかダラダラと流し観するには丁度良く、あと80年代末〜90年代初頭の時事的な話題に懐かしさを覚えたり、「あぁ、携帯とかネットがない時代ってこうだったっけ」と当時の生活の雰囲気も楽しめたりする。

この番組は3クールに分かれていてそれぞれ浦安、幕張、渋谷という設定になっており、それに伴い舞台となる部屋のセットだけが変わる。話の内容や人物設定などには変化はないけど個人的には2階がなかった浦安時代が好き。雰囲気もゴールデンタイム放送の渋谷時代と比べると深夜帯番組独特のアングラな匂いなんかもして。

 

あとやっぱり猫が好きと言えばこの曲。矢野顕子によるオープニングソング。

人生で最初に矢野顕子という人を認識したのはYMOでも春咲小紅でもなくこの歌だった。

 

 

でも必ず「David 私たちはこんなに遠ぉい〜♪」のところまでしか流れないので大人になるまで次の展開部とか全然知らなかった。この曲を聴くと「あぁ、土曜の夜だなぁ」って感じたものだった。

 

また猫の事は書こうと思う。

 

今日の1曲は矢野顕子のDavidで。

 

 

はじめに。

こんにちは。にとむすと言います。

以前ブログを書いていた事もあったのですが、今回数年振りに書いてみようと思います。ブログと言っても技術や知識系のそれではなく、音楽記事などを中心にエッセイ的なものや沖縄の帰郷記事(名所紹介など)なんかを雑多に書いていく予定です。

音楽記事では時折自分のカバー音源や動画なども挟みつつ流行りものや気になった曲やアーティストについて書いたり、日頃思う事などをエッセイ風に綴っていこうと思います。恐らくこの2つのテーマが柱になるかもです。

 

ではこれからよろしくお願いします。